簡単!マカの教科書

人気製品を比較・検証しました!

本当に良いマカが見つかる

マカに含まれている有効成分

マカには、100種類近くもの種類があり、そのうちの11種類はペルーにおいて生育しているようです。
マカの形というのは、カブによくにている円錐形をしており、色は、白色、明るい黄色、濃い紫色、濁ったピンク色、白っぽいピンク色などといったように、様々な色の種類があり、オスクーラ種とよばれる黒色のものやアマリ―ジャ種と呼ばれている黄色いもの、モラーダ種と呼ばれている紫色のものなどといったような色の濃いものの方が、有効成分http://xn--lck7e213h6xctka2458a1ww2tx.com/eiyo.htmlが多く含まれていると言われているようです。
ちなみに、ここで述べているマカの色というのは、現物の外皮の色のことをいいます。

まず、マカ・モラーダ種と呼ばれている濃い紫色のこちらの植物についてですが、こちらの植物を研究していることで有名なチャコン博士いわく、濃い紫色のこちらの植物は、淡色系のものと比較してみると、鉄分やアントシアニンなどといったようなミネラル類が豊富に含まれているということです。
このことは、2001年にチャコン博士によって発行された「MACA」という書籍に記載されています。
濃い色であるモラーダ種のものは、淡色のものと比較して、濃い色のものの方が、太陽の光を多く吸収することができるため、還元糖分が増えることと、鉄分やマグネシウムなどといったようなミネラル類において、黄色系の植物よりも濃い色であるモラーダ種の方が、数値が高いといわれているのです。

他にも、濃い色系であるモラーダ種の方が、アントシアニンを含んでいる量が多いことも確認されています。
一般的に、野菜においても、色が薄いものよりも、色が濃いものの方が栄養価が高いことで知られていますが、こちらの植物においても同じことがいえるようです。
淡色の野菜で、緑黄色野菜と同じだけの栄養価を摂取しようすると考えると、たとえば、レタスの場合だとほうれん草の10倍以上食べないと、同じだけの栄養価を得ることはできないと言われているのです。 マカについてもっと興味がわいてきませんか。